会社概要

Rose on Time
〜バラに彩られた極上の時間〜

バラのある風景、そして、そこに流れるゆったりとした時間…。
そこには、人々の幸せ、喜び、感動を
見つめるバラたちがいます。
そして、そのバラたちは忘れることの出来ない時間と
シーンを演出してくれます。
Rose on Time…、バラ香るゆったりとした時間へようこそ。
香り豊かで多彩な表情を魅せる、ここで生まれ、
ここにしかない市川ローズたちは、
フラワーアート界に衝撃と、
インスピレーションを与え続けています。
産み出したバラ一つ一つに、
ストーリーと想いを載せ、これからも様々なシーンで、
心和ませ、感動させ、
彩るバラたちを提案できたらと
市川バラ園は考えます。

 


< 市川バラ園 >

それまでのバラ品種に飽き足らず、バラの育種を手掛けるようになり、1990年に一重 バラの「ティータイム」を作出後、1度見たら忘れられない個性的な品種「アンダルシア」、「ルナロッサ」など、新しいコンセプトのオリジナルなバラを次々に発表し一躍注目を集める。 また、本来ガーデン品種であった香り豊かなオールドローズタイプの「イヴ・ピアッチェ」に着目し、バラの香り、ナチュラル感を切りバラ品種として提案することで、 フラワーアレンジの新しい可能性を広げる。
常識にとらわれない独自の感性による市川バラ園でのみ栽培されるオリジナル品種は、40品種を超え、その希少性、ストーリーを感じさせるネーミングと相まって、 国内外のフラワーデザイナーやバラファンを常に魅了し続けている。
東京 銀座の市川バラ園直営バラ専門店 「市川バラ園 メゾン銀座」では、バラ香るサロン、ショールームとして、その世界観を堪能することができる。

< Ichikawa Rose Garden >

Not satisfied with the types of roses they already had, Ichikawa Rose Garden started to grow original roses. After making a rose which they named "Tea Time" in 1990, they continued to create many different kinds of roses with unique and novel concepts, like the unforgettable "Andalucia", and "Lunarossa". They immediately gained huge popularity. Then they put their attention to the fragrant old garden rose "Eve Piache", and took advantage of its aroma and freshness as a cut rose, enlarging the possibilities of flower arranging.
Expanding the idea of roses, Ichikawa Rose Garden now features over 40 original and unique roses, attracting flower designers and rose fans in Japan and from abroad with their rareness and names which have stories behind them.
In "Ichikawa Rose Garden Maison Ginza", run directly by Ichikawa Rose Garden in Ginza, Tokyo, you can enjoy the world of roses in its aromatic show room.